額縁に中身をセットしよう

額縁がお手元に届いたら、どのように品物をセットすればよいのでしょうか。
額縁の構造でセット方法が変わるので、まずは額縁の種類をお選びください。


マット付きの額縁に品物をセットする

額縁にマットを合わせるのは、額縁の最も基本的な使い方です。


マット裏面にテープで留める

 マットの裏面に品物を貼り付けて固定するのが基本です。まずは額縁の裏板を外して、額装マットを取り出しましょう。品物にマットを乗せて位置を決めたら、マットと品物をひっくり返して、上部2箇所ほどテープで止めてください。
 固定が心許ない気がしますが紙などは伸び縮みします。収縮の逃げ道を残すため、テープの貼り過ぎは避けましょう。
 テープは額装専用品、メンディングテープなどを使いましょう。セロテープなどは糊が汚く浮き上がることがあります。


マット裏面にテープ留めする方法

ひっくり返すときにずれるよ!

 額縁に入れる品物が大きい場合、マットと合わせた品物をひっくり返すのに難儀します。せっかく窓抜き位置を合わせても、裏返すときに位置がずれてしまうのです。
 こんなときは、予め品物にテープを貼っておき、裏返す工程を省いてしまいましょう。品物にテープを貼っておけば、表を向けたままでテープを貼り付けることが可能です。手探りでテープを留めた後、裏返して念入りにテープを押さえ直してください。


アートコーナーピタックを使って紙を固定

品物にテープを貼りたくない場合

 品物にテープ跡を付けられない場合、四隅にポケットを作って固定します。
 固定としては直接テープを貼るよりも弱く、品物が若干動いてしまう可能性が高くなりますが、品物に直接テープが付きません。
 ポケットを作る専用テープも販売しておりますが、適当な中性の紙とテープで自作することも可能です。茶封筒など中性の紙を三角にカットし、品物とテープの間に挟んでください。

マット無しの額縁に品物をセットする


 マット無しの額縁なら、額縁の裏面から品物をすっぽり入れるだけです。額縁のサイズが適正なら、特に固定の必要もありません。
 額縁の内寸法よりも品物が若干小さい場合、額縁の中で動かないようにテープ留めすると良いでしょう。品物の裏面から、表面カバーに向けて貼り付けるのが簡単です。
 万一額縁の内寸法よりも品物が大きい場合、品物をカットして大きさを揃えてしまいましょう。額縁に入れる品物をカットするのは躊躇がありますが、折りたたむなどの処置では仕上がりに悪影響が出てしまいます。なるべくなら、カットしてきれいに額縁に納めてしまいましょう。

油絵額/日本画額に品物をセットする

油絵額/日本画額は厚みのあるキャンバスやパネルが入る額縁です。


作品を額縁の裏面からはめ込むだけ!

 油絵額や日本画額は、絵画規格サイズで作られています。作品サイズに合わせて額縁をお求めいただければ、特に固定の必要もなくすっぽりと作品が額縁に納まります。
 額装するのがパネルの場合、はめ込んだときにカタカタと動いてしまうことがあります。これは絵画寸法に若干の余裕を持たせて額縁が製作されているため。カタカタ動いてしまうようなら、折り畳んだ新聞紙などを周囲に挟みましょう。作品の方が大きいのは大問題ですが、作品が数ミリ小さい分にはこういった詰め物で簡単に対応できます。


キャンバスを額縁にはめ込んだところ

サイズの違う額縁は使えません

 油絵額や日本画額は、サイズを間違うと全く使えません。構造上、近しいサイズを工夫して使うことも不可能なので、サイズ違いの作品には特注の額縁を用意しましょう。
 「適正なサイズのはずなのに入らない!」場合、キャンバス側面の釘が出っ張っているのかも知れません。釘を打ち付けて出っ張りをなくしてみましょう。
 ちなみに、油絵額は基本的に紙状の品物には使えません。紙をパネルに貼る、額縁のマット材を取り除くなどいくつか方法はあります。こちらを参考に、セット方法をご検討ください。

手ぬぐい額に手ぬぐいをセットする


 手ぬぐいは裏打ちしてから額に入れましょう。アイロンだけではたるみが気になりますし、折り畳んでの寸法調整もお勧めいたしません。ビシッと伸びた手ぬぐいの見栄えは格別です。
 手ぬぐい額は340×890、もしくは350×900を基本寸法としています。およそ手ぬぐいのほとんどに適合するサイズですが、標準サイズよりも大きな手ぬぐいなどは、特注サイズの額縁をお作りいたします。
 手ぬぐい用の額縁の選び方、手ぬぐいのセット方法の詳細は、こちらをご覧ください。

立体額を使った額装方法


立体額を使った額装方法

 立体額に入れる品物は、人それぞれで千差万別。額装方法も臨機応変に変えないといけません。
 品物の形、重さに合った固定方法から、額装を彩る、ちょっとした工夫をご紹介いたします。お手元の品物はどのように額装すれば良いのか、立体額で自由な額装をお楽しみください。立体額の使い方は、工夫次第で自由自在!少しの工夫で見違えるような仕上がりになります。
 立体額を使った額装方法は、こちらのページで詳しく紹介しております。

額装依頼承ります


 品物をお預かりし、当社で額装作業を行うことも可能です。額装工賃と品物をお送りいただく送料が必要になりますが、専門スタッフが品物に合ったベストの方法で額装いたします。
 通常の額縁に納まらないような、特殊な品物もお任せください。額縁の製造~額装まで、自社工場で一貫対応いたします。
 額縁のタカハシは、額装技術日本一を自負する額縁専門店。額装依頼について、詳しくはこちらをご覧ください。



お支払方法

・クレジットカード 【分割・リボ払いも可能】
取り扱いクレジットカード一覧

・代金引換   【手数料 ¥324】
代金引換イメージビジュアル

・後払い    【手数料 一律¥324】
後払いイメージビジュアル

・銀行振込、郵便振替 【振込手数料/お客様負担】
ご入金確認後の発送となります。振込先はこちら。

納期について

商品によって発送までの日数は異なります。
各商品の詳細ページにてご確認ください。 ⇒ 詳細

送料について

日本地図、送料一覧
送料はお買い上げ点数に関わらず一律です。
11/15より、送料を改定いたしました。⇒詳細

大型配送品について

一部大型商品は路線便での配送となります。
追加送料は戴きませんが、(一部地域除く)
日時指定のご希望に沿えない場合がございます。
※離島など一部地域は、大型品の配送が出来ません。

返品・交換について

商品に不良がある場合は、7日以内にご連絡ください。
お客様のご都合による返品はお受けできません。
返品・交換についての規定はこちらをご覧ください。

ご利用ガイドページへお知らせへ
額装ギャラリー、イメージ画像 額装依頼承ります