裏打ちについて

品物の裏に紙を貼りつけて補強し、鑑賞価値を高めるのが『裏打ち』です。


裏打ちとは?


 裏打ちとは、作品本紙のしわ、たるみを防ぎ、補強することです。 もっとも裏打ちがされるのは、水墨画や書道の作品で、多くは和紙に書いてある作品です。
 紙はその性質上、墨などの水分が加わると収縮します。作品を描くとき、墨を乗せた部分の紙は収縮し、墨の乗らない部分は収縮しません。 これが繰り返されることにより作品本紙には歪みが生じ、しわやたるみが生まれます。

裏打ちする前




裏打ち後


 このしわやたるみを伸ばすため、裏打ちがされます。 裏打ちされた作品の美しさは一目瞭然。 しわやたるみはもちろん無くなり、作品本紙の裏に裏打ち用紙の白色が加わることで、墨の色もはっきりと出ます。 裏打ちによって作品の印象がガラリと変わることもあるので、裏打ちまで含めて作品の完成といってもいいでしょう。
 作品をより引き立てる裏打ちは、額装や掛軸にするときには必須の作業なのです。



裏打ちの価格表

裏打ち~額装の工賃は以下をご参照ください。作品の状態、額装方法により価格は変動します。
裏打ちのみは承れません。額装の一環として裏打ち作業を承ります。

価格表の金額は、『乾式裏打ち』の価格目安となります。
乾式裏打ち(額装用裏打ち)をした作品は、掛け軸などに仕立て直すことができません。
『湿式裏打ち』も可能ですので、詳しくはお問い合わせください。


作品サイズ 裏打ち~額装、工賃の目安 作品サイズ 裏打ち~額装、工賃の目安
半紙(242×333) ¥918~ 半懐紙(250×360) ¥918~
全懐紙(364×494) ¥1,296~ 半切1/3(348×455) ¥1,220~
半切1/2(348×682) ¥1,728~ 全紙1/3(455×695) ¥2,628~
全紙1/2(682×695) ¥3,564~(裏打~額装)
¥4,914~(裏打~張込~額装)
全紙(695×1365) ¥5,616~(裏打~額装)
¥7,776~(裏打~張込~額装)
八ツ切判(174×682) ¥1,263~ 東京小判(190×680) ¥1,263~
千葉判(215×830) ¥1,728~ 埼玉判(260×785) ¥1,728~
東京判(272×1013) ¥1,965~ 半紙3倍(240×1000) ¥1,965~
半切(348×1365) ¥2,916~(裏打~額装)
¥4,687~(裏打~張込~額装)
連落(515×1365) ¥3,996~(裏打~額装)
¥6,382~(裏打~張込~額装)
F3(220×273) ¥918~ F4(242×333) ¥918~
F5(270×350) ¥918~ F6(318×409) ¥1,134~
F8(379×455) ¥1,350~ F10(455×530) ¥1,479~
手ぬぐい(340×890程度の大きさ)
※手ぬぐいを裏打ちし、断ち落としてから手ぬぐい額に額装する
¥1,814~

作品をお送りください。裏打ち~額装を経て完成品をご返送いたします。
作品の状態によっては裏打ちが不可能な場合があります。
お問い合わせの上、作品をお送りいただけるようお願いいたします。
〒381-2224 長野県長野市川中島町原1392-10 額縁のタカハシ


裏打ちの実例をご紹介



手ぬぐいの裏打ち

 手ぬぐいは薄手の布なので、飾ろうとするとどうしてもしわやたるみが目立ちます。アイロンをかければ一時的にはしわも伸びますが、飾っているうちにずり落ちてしわになってしまうことでしょう。
 裏打ちすると、手ぬぐいの裏にもう一枚紙が貼られて補強されるのでこういった心配がありません。また、裏打ちで手ぬぐいが固定されるので布地の伸び縮みがなくなり、額装も簡単になります。

手ぬぐいを裏打ち




着物の刺繍を裏打ち


着物の刺繍部分を裏打ち

 刺繍はそれぞれの糸が土台の布を引っ張り合って、複雑なしわができてしまうことがあります。このように物理的な力でできてしまったしわは均等に伸ばすのが非常に難しく、飾るときに苦労します。
 引っ張り具合を調整して、だましだまししわを伸ばして裏打ちしてしまえば、伸ばしたままでなんとか美しく固定することができます。しわの伸びた刺繍は、非常に価値あるインテリアとなるでしょう。



Tシャツを裏打ち

 サイン入りのTシャツを額に入れたいというお客様、思い出の写真と共に額装してみました。
 Tシャツはハンガーを使って掛けて飾る専用額もありますが、カットして1枚の布として飾るのもおすすめです。裏打ちして紙状にすれば額縁の選択肢が広がって、なおかつ安価に仕上げることができます。シャツを切ることさえ厭わなければ、Tシャツは単純な一枚布、裏打ちも簡単です。

Tシャツを裏打ち




ろうけつ染めを裏打ち


ろうけつ染めを裏打ち

 海外旅行で求めたろうけつ染めのお土産を裏打ちしました。 ろうけつ染めは薄手の布なので、裏打ち自体簡単に済み、驚くほどに伸びて美しくなります。
 ただし、布に蝋が残っているときは注意が必要です。乾式裏打ちの熱によって蝋が溶け、作品や周りに蝋が広がってしまうことがあります。作品を充分に確認することが大切です。



裏打ちの手法の紹介① 乾式裏打ち

 裏打ちには『乾式裏打ち』と『湿式裏打ち』があります。 まずは乾式裏打ちから説明していきましょう。
 乾式裏打ちでは、熱によって溶ける、糊のフィルムが貼られた裏打ち用紙を使います。作品本紙をこの裏打ち用紙に乗せて、ドライマウントプレス機でプレス、熱を加えることによって貼り付けます。
 具体的な手順を追ってみましょう。

乾式裏打ち




乾式裏打ち


 まずは作品本紙のしわを伸ばす作業を行います。
 作品本紙を裏返して、霧吹きで水をたっぷりと吹き付けます。その後、中心から外側に向かってしわを伸ばしながら刷毛を掛けます。
 水をかけると作品が台無しになりそうですが、『墨』が水に流れることはありません。たとえ作品をお風呂に浸けたとしても、紙が破れない限りは安心です。 ただし筆ペンなどを使った作品など、元来の墨と違うものは水に流れる恐れがあります。



 続いてドライマウントス機でプレスをかけます。ドライマウントプレス機とは、簡単に言えば大きなアイロン。作品に熱を加えて水分を飛ばしつつ、均等に圧力をかけて紙をぴんと伸ばします。
 作品のしわがひどかったり、折り目が強く付いた作品の場合、水を吹き付ける量を調整しながら再度プレスをかけます。 基本的に『和紙』は頑強なので、例えぐしゃぐしゃに丸められた作品でもまっすぐに伸ばすことが可能です。

乾式裏打ち




乾式裏打ち


 充分に水分を飛ばしたら、裏打ち用紙に作品を乗せます。裏打ち用紙の光沢のある面が糊面です。
 あとはもう一度ドライマウントプレス機にかけるだけですが、乾式裏打ちしてしまうと再度剥がすのは困難です。裏打ち用紙と作品の間に異物が無いか、作品が裏返しになっていないかを確認します。
 折れ目が付いたり、毛などの異物を巻き込んでは作品が台無しです。目を皿のようにして確認しないといけません。



 プレスが終われば、乾式裏打ちの完成です。乾式裏打ちのメリットは、作業効率がよく、安価に均一な仕上がりとなることです。
 裏打ちすることで墨の色もくっきりとなりました。
 乾式裏打ちは前出のような市販の裏打ち用紙を使って、ご家庭のアイロンで行うことも可能です。ちょっとしたコツが必要なので始めは失敗してもよい作品で練習してください。

乾式裏打ち




裏打ちの手法の紹介② 湿式裏打ち


湿式裏打ち


 湿式裏打ちは、昔ながらの表具糊を使った裏打ち方法です。
 乾式裏打ちに比べて、刷毛(はけ)の扱いや表具糊の濃度など、日本古来の職人技術とノウハウを要する作業になります。
 ちなみに紙と糊の扱いに精通し、乾燥・加湿をコントロールして掛軸、屏風、襖などを仕上げる職人を『表具師』と呼びます。



 まずは作品本紙の裏側から、棕櫚刷毛で作品本紙を濡らしつつ、しわを伸ばします。全体を満遍なく湿らせて、充分に紙を伸ばすことが大切です。
 前述の『紙は水分を含んで伸びる』という性質を利用した作業です。

湿式裏打ち




湿式裏打ち


 作品本紙のしわをとって満遍なく湿らせたら、裏打ち用紙に表具糊をつけます。全体に薄く均等に、手早く塗るのがポイントです。
 表具師にとって糊は命の次に大事なもの。その製法は工房ごとの門外不出の秘伝として扱われていたようです。



 表具糊を塗った裏打ち用紙を、作品本紙に重ねます。ものさしなどを使って、裏打ち用紙がしわにならないように端から順に重ねます。
 重ねたあとは、棕櫚刷毛を充分にかけてしわを取り除きつつ、作品本紙と裏打ち用紙を密着させます。
 裏打ち用紙は場合によって1枚であったり、2枚重ねにしたりします。2枚重ねる場合はこの作業をもう一度繰り返します。

湿式裏打ち




湿式裏打ち


 続いて乾燥に移ります。作業台から剥がす前に、作品の4辺に糊を付けておきます。中心部分に糊は付けません。このように全面に糊を付けずに4辺だけ糊を付ける貼り方を『袋張り』と呼びます。
 作品の下に敷いていた不織布ごと作品を作業台から剥がし、仮張り板に貼り付けます。4辺の糊をよく貼り付けたら不織布を取り除いて乾燥させます。
 ずっと裏返しのまま作業していたので、仮張り台に貼り付けて始めて作品の表面が見えました。



 乾燥に要する時間は半日~1日くらいでしょうか、袋張りにした糊を剥がせば湿式裏打ちの完成。乾式裏打ちに比べると、やわらかく風合いある仕上がりになっています。
 また表具糊は水に溶け、簡単に剥がすことができます。このため再表装を行うことを見越して、掛軸などは基本的に湿式裏打ちで行われます。長期保存した作品を、剥がして『洗濯』できるのも湿式裏打ちだけです。

湿式裏打ち



張り込み作業について


張り込み作業


 書道や水墨画の額装方法は3つに分かれます。
 ①紙マットを窓抜きして額装する。
 ②布地の上に張り込んで額装する。
 ③浮かし額装など、特殊な方法で額装する。
 いずれの場合も裏打ち作業は不可欠ですが、特に②の額装方法の場合、裏打ち作業に付随する『張り込み』作業が必須になります。 欄間額などは、張り込み技術ありきの商品。お客様の手による張り込みが不可能な場合、宝の持ち腐れになりかねません。



 張り込み作業も額縁のタカハシにお任せください。経験豊富な専門スタッフが、お客様の作品を完璧な額装品に仕上げます。
 作品が正確な四角形に断ち落とされているか、しわなどがなくピシッと伸びているか、満足いく仕上がりがご確認いただけることと思います。

覆輪を付けて張り込み




張り込み作業


 張り込みの際、覆輪(ふくりん)を付け足すことも可能です。 覆輪は作品の周囲を囲って、額装にメリハリをもたらすアクセント。 張り込み代金に若干の加算が必要となりますが、なるべくご提案したいところです。
 覆輪は金色が基本色となりますが、他の色のご用意もあります。 覆輪の色合わせは、作品の雰囲気、背景の布地の色が密接に影響します。色の指定をいただくよりも、当店にお任せくだされば幸いです。


作品をお送りください。裏打ち~額装を経て完成品をご返送いたします。
作品の状態によっては裏打ちが不可能な場合があります。
お問い合わせの上、作品をお送りいただけるようお願いいたします。
〒381-2224 長野県長野市川中島町原1392-10 額縁のタカハシ

お支払方法

・クレジットカード 【分割・リボ払いも可能】
取り扱いクレジットカード一覧

・代金引換   【手数料 ¥324】
代金引換イメージビジュアル

・後払い    【手数料 一律¥324】
後払いイメージビジュアル

・銀行振込、郵便振替 【振込手数料/お客様負担】
ご入金確認後の発送となります。振込先はこちら。

納期について

商品によって発送までの日数は異なります。
各商品の詳細ページにてご確認ください。 ⇒ 詳細

送料について

日本地図、送料一覧
送料はお買い上げ点数に関わらず一律です。

大型配送品について

一部大型商品は路線便での配送となります。
追加送料は戴きませんが、(一部地域除く)
日時指定のご希望に沿えない場合がございます。
※離島など一部地域は、大型品の配送が出来ません。

返品・交換について

商品に不良がある場合は、7日以内にご連絡ください。
お客様のご都合による返品はお受けできません。
返品・交換についての規定はこちらをご覧ください。

ご利用ガイドページへお知らせへ
額装ギャラリー、イメージ画像 額装依頼承ります