刺繍 二人雛
orange

刺繍 二人雛  /  特製マットを共木面金仕様にした、本格隅丸額での額装

額装例の説明  【刺繍 二人雛】

 二人雛の刺繍作品を隅丸本格和額で額装しました。特製マットの面先を金の面金ではなく共木にして、控えめながらも上品に仕上げてあります。周囲の落ち着いた色味の裂地と刺繍の雰囲気がとてもよく合っています。
 特製マットに付属する面金は、金色が基本です。しかし作品によっては金色の輝きがうるさく感じてしまうこともあるでしょう。この金色の面金を、フレームと同色、同素材で仕上げるのが共木仕様です。控えめながらも豪華な、印象深い額装品に仕上がります。

他の額装例も見てみよう! ⇒「刺繍/クロスステッチ/レース編み」 の額装例一覧


額装例の仕様  【刺繍 二人雛】

額縁内寸法 430×530 使用フレーム N-26メグワ(匠和額)
既製品/特注品 フルオーダー製作 額縁の構造 特製マットを付けて
額装方法 裏打ち〜裏板に張り込み 額装方法 共木面金仕様
マット色 裂地張り 製作年月日 2011年10月

刺繍を額縁に入れるには


刺繍は一般額を使って額装します

 刺繍は一般額を使って額装すると良いでしょう。多種多様な『比較的薄い平面作品』に対応する、もっとも基本的な額縁です。
 一般額はマットと組み合わせて使います。マットは寸法調整、品物の保護、見栄えの向上など、様々なメリットをもたらします。マットが付くことで、表面カバーと刺繍の間に空間が生まれることもポイント。表面カバーが刺繍に密着すると、せっかくの作品の風合いが死んでしまいます。より立体感のある刺繍には『ダブルマット』を採用すると良いでしょう。

 刺繍の額縁をお探しなら、まずは一般額の『額縁のサイズ候補検索』をお試しください。特注寸法の額縁製作も可能ですが、一般額のサイズ展開は非常に豊富です。刺繍の見せたい部分の寸法よりも、一回り大きな額縁を探しましょう。

裏打ち(刺繍の皺伸ばし)について


 刺繍を額縁に入れる際、必ず検討しなくてはならないのが『裏打ち』についてです。裏打ちとは品物の裏面に紙を貼り付け、品物のしわやたるみを矯正して補強すること。しわを正さないことには、せっかく額縁に入れても見栄えがしません。

 裏打ちには専門技術が必要です。刺繍作品を弊社にお送りいただければ、熟練のスタッフによる裏打ち作業を経て、完成した額装品をご返送いたします。ご自分で額装するとすれば、布地を引っ張って皺を伸ばしつつ、両面テープ等を駆使して貼り付けてしまいましょう。裏打ちの仕上がりには及びませんが、小さめの作品や比較的平坦な刺繍なら充分美しくなります。

刺繍の額装方法を詳しく解説!「刺繍額装術」はこちらから。

数量:

お問い合わせ電話番号、Eメール  額縁のプロに品物を預けてみませんか

このページに関連のある商品や額装例

お支払方法

・クレジットカード 【分割・リボ払いも可能】
取り扱いクレジットカード一覧

・代金引換   【手数料 ¥324】
代金引換イメージビジュアル

・後払い    【手数料 一律¥324】
後払いイメージビジュアル

・銀行振込、郵便振替 【振込手数料/お客様負担】
ご入金確認後の発送となります。振込先はこちら。

納期について

商品によって発送までの日数は異なります。
各商品の詳細ページにてご確認ください。 ⇒ 詳細

送料について

日本地図、送料一覧
送料はお買い上げ点数に関わらず一律です。

大型配送品について

一部大型商品は路線便での配送となります。
追加送料は戴きませんが、(一部地域除く)
日時指定のご希望に沿えない場合がございます。
※離島など一部地域は、大型品の配送が出来ません。

返品・交換について

商品に不良がある場合は、7日以内にご連絡ください。
お客様のご都合による返品はお受けできません。
返品・交換についての規定はこちらをご覧ください。

ご利用ガイドページへお知らせへ
額装ギャラリー、イメージ画像 額装依頼承ります