工芸品 飾りうちわ
orange

工芸品 飾りうちわ  /  バックボードに凹みを付けて、はまり込むようにお作り

額装例の説明  【工芸品 飾りうちわ】

 飾りうちわをオーダー額に入れました。
 うちわのバックの板を形にくりぬき、額装に深みをつけました。このくりぬきの作業がとても大変で、工賃がかなりかさんでいます。写真ではわかりづらいかもしれませんが、大きなうちわなので額縁もかなりのサイズです。
 ただうちわを飾るだけなら背景に深さを付ける必要はありませんが、こんな芸当ができるのも当店ならでは。細かなご希望にもお答えいたしますので、是非お問い合わせください。

他の額装例も見てみよう! ⇒「扇子/うちわ」 の額装例一覧


額装例の仕様  【工芸品 飾りうちわ】

額縁内寸法 520×1330 額縁内部深さ 30ミリ
使用フレーム 22-6380(廃番) 既製品/特注品 フルオーダー製作
額縁の構造 深さのあるボックス額 額装方法 裏板に通した紐で縛って固定
額装方法 バックボードをくり貫き加工 背景 裂地張り C47-109
製作年月日 不明 - -

立体物を額縁に入れるには


立体額の様々なバリエーション

 立体物も額縁に飾れます。立体額装というと非常に特殊に聞こえますが、既製の立体額も数多くの種類が販売されています。まずは既製の立体額の中から、お手持ちの品物のサイズと厚さに見合う立体額を探しましょう。

 こちらから既製の立体額一覧をご覧ください。額縁のタカハシなら、立体額もバリエーション豊かに取り揃えております。気になる商品がありましたら、クリックして商品詳細ページをご覧ください。タテヨコの大きさはもちろん、ボックス内部の有効深さも確認しましょう。

 既製の立体額は、だいたい25〜40ミリ程度が深さで作られています。お手持ちの品物に見合う額縁が無いなら、オーダー製作をご検討ください。タテヨコの大きさはもちろん、内部深さを指定することも可能です。こちらから寸法入力をお試しください。製作可能な額縁が価格付きで表示され、そのままお求めいただけます。

品物の固定方法について

立体額に品物を固定する方法

 品物の固定は、飾る品物の重量、形状に見合った方法で行ってください。
 ネジ止め > 縛る > ボンド・テープ > 画鋲
といった方法がありますが、強度の高い左から優先的に選択しましょう。

 品物を当社でお預かりし、完成品をお送りすることも可能です。経験豊富な専門スタッフが作業を行いますので、まずはお気軽にご相談ください。

立体額の使い方を詳しく解説!「立体額の使い方ガイド」はこちらから。

数量:

お問い合わせ電話番号、Eメール  額縁のプロに品物を預けてみませんか

このページに関連のある商品や額装例

お支払方法

・クレジットカード 【分割・リボ払いも可能】
取り扱いクレジットカード一覧

・代金引換   【手数料 ¥324】
代金引換イメージビジュアル

・後払い    【手数料 一律¥324】
後払いイメージビジュアル

・銀行振込、郵便振替 【振込手数料/お客様負担】
ご入金確認後の発送となります。振込先はこちら。

納期について

商品によって発送までの日数は異なります。
各商品の詳細ページにてご確認ください。 ⇒ 詳細

送料について

日本地図、送料一覧
送料はお買い上げ点数に関わらず一律です。

大型配送品について

一部大型商品は路線便での配送となります。
追加送料は戴きませんが、(一部地域除く)
日時指定のご希望に沿えない場合がございます。
※離島など一部地域は、大型品の配送が出来ません。

返品・交換について

商品に不良がある場合は、7日以内にご連絡ください。
お客様のご都合による返品はお受けできません。
返品・交換についての規定はこちらをご覧ください。

ご利用ガイドページへお知らせへ
額装ギャラリー、イメージ画像 額装依頼承ります